キーワード選定を失敗する2つの原因

せっかくニュースを拾ったのに、なぜかPVが伸びなかった・・・
そんなことがよくあると思います。

このニュースはいけるな!
と自分で勝手に思ってしまい、一生懸命に記事を書くでも・・・結果はイマイチ。

あれ?

何で?

そういう経験ありますよね。

大きく分けて2つの原因があります。
その2つを知ることで是非攻略してみてください。

1)もとのニュースが話題にならない。

ネットだけで盛り上がっているニュース。
それと、すでに飽きられていたりする場合。

例えば、大村昆の話題はすでに飽きられてる。
トレンドの目はやはり話題になった直後が最も高い傾向にあるので、広がり方は判断しないといけません。

これを選んでしまうと、全くダメです。

2)複合ワードが失敗

いわゆる「ずらし」が上手くできていません。
ニュースをそのままストレートに書いてもダメなんですよね。

例えばこのニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130729-00000046-dal-ent

「土屋アンナ 降板 理由」ではダメなんです。

上手く複合ワードを選ぶパターンは3つです。
関連人物で書く
虫眼鏡で書く
予測で書く

●関連人物で書く
今回出てくる、濱田朝美さんや製作サイドの人物、共演者など関連する人物の「なぜ?」を書く。ニュースを読んで次に調べるだろうキーワードを予測します。

●虫眼鏡で書く
このニュースが出た直後は土屋アンナの虫眼鏡に 旦那 君が代 激変というワードが並んでいました。その中から選んで書きます。

ただ、飽きられているワードはクリックされないので、虫眼鏡ワードの需要をさらに考えて書く必要があります。

●予測で書く
ニュースの先読みをしてキーワードを作ります。
このニュースは泥仕合になりそうなので、数週間後には、「その後」みたいな記事も出ると思われます。
その時の見出しや「なぜ」を考えて記事を作るわけです。

結局はもとになるニュースを見た人が「なぜ?」と疑問に思うこと、知りたいことを書くことが重要なんです。

鍛えるには、1つのニュースから2つ以上の記事を書くことをお薦めします。
1つだと「1)もとのニュースが話題にならない。」を判断できない場合があるからですね。

概ね1つのブログだけでやっている人は「1)もとのニュースが話題にならない。」と「2)複合ワードが失敗」の問題を別けて考いない場合がある。

課題もちゃんと分解しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログじゃ言え無い・・・トレンドブロガーの秘密を公開します!
パソコン一台/ブログで簡単に副業できる!結構まじめに論理的に隠さず伝えていきます。

yasupon

投稿者プロフィール

都内で中間管理職やってます。ビジネスを勉強できるサークル作って、楽しく学んでいます。生徒から初月に20万越えの記録も出ています。稼がせることを第1に考えたメルマガはいつでも読者募集中。

この著者の最新の記事

関連記事

トレンド無料講座

最速で稼ぐノウハウ!

超初心者、昔挫折した方も稼げるようになる簡単マニュアル!
内容をちょっと紹介してます。

ピックアップ記事

  1. 2014-10-19

    キーワード選定がダメな人でも、読んだ次の日にランキングにのっちゃうくらいのキーワード選定ができる方法

    こんにちは やすぽんです。 これまでのコンサルの経験をまとめ、「キーワード選定がダメな人…
  2. 2014-8-12

    思わずまねたくなる特化型を独自ドメインで実践しているサイト

    特化型ってどうすればいいのかなーなんて悩む人。 僕のブックマークにあるブログを紹介します。 …
  3. 2014-5-31

    とりあえずヤフートピックスに出たニュースで書いている人へ

    今日はトレンドワードの仕組みについてお話したいと思います。 トレンドアフィリエイトをやっている…
  4. 2014-5-13

    1日100円は稼げているけど、1日1000円は稼げない理由

    トレンドアフィリエイトのコンサルをやっていると 「1日100円は稼げているけど、1日1000円は稼…

やすぽんです

こんにちは
ドコにでもいるフツーのサラリーマンです
1日1時間下克上アフィリエイトを実践しています。いっしょにアフィリエイトの勉強をしませんか?

プロフィールはこちら


メルマガするなら

お問い合わせはこちら

質問や相談などお気軽にメールをください
ページ上部へ戻る